在日クルド人、報道する記者を脅迫-警察が介入

石井孝明
ジャーナリスト
(写真1)夜中に集まるクルド人らしい中東系外国人の群れ、埼玉県川口市、読者からの提供。

記者である私、石井孝明が脅される

在日クルド人が彼らの問題行為を報道する記者、私、石井孝明を脅迫した。1日午後、携帯電話をかけてきて喚いた。その中には、私の体に危害を加えると受け止められる言葉があった。私は警察に連絡し、現時点で警察が介入した。

これ以上は詳細を明かさない。事件が警察案件になっているためだ。そして相手が何をするか不明であるためだ。ただし事件の存在を公にすることで、在日クルド人に関わる人への注意喚起と、他人の注意の目を増やして私自身の身の安全を図ろうと思う。

ただし、どう自分で振り返っても、私は他人に批判されるべき行動はしていない。また脅迫は怖いが、私はそれに屈するつもりはない。在日クルド人の多くは「難民」と自称しているのに、日本で暴れ、日本人記者を脅迫するとは異様だ。遵法意識のかけらもないし、彼らの行動を放置すれば日本社会が壊れるだろう。

事件の背景−報道により憎しみを受ける

私は、今年5月から、埼玉県南部に集住する在日クルド人の行状と、住民との間で起こしているトラブルを取材している。彼らの住民への迷惑行為、違法行為について、私の見聞した事実を伝えてきた。埼玉県南部の日本人たちが、彼らの行動に苦しんでいる。

8月になってようやく一部メディアが報道を始めた。ところが地元紙の埼玉新聞をはじめ、大多数のメディアがこのトラブルに今でも沈黙し、行政、警察の動きは鈍い。その事実に私はいきどおりを感じ、孤軍奮闘の状態で、無償で自分のサイト、SNSで報道をしてきた。クルド人の怒り、日本人からの「差別」などの批判はあった。はっきり言って、不快で怖かったが、「埼玉県民を守るために自分の仕事であるペンの力で情報を広げる」という使命感で、報道を続けた。

そして「クルド人問題を解決しなければならない」という世論の流れを少し作った。自慢するのは嫌いだが、この行為にある程度の評価はいただいていいと思う。ただし結果として私だけが目立ち、在日クルド人の憎しみを受けている。もちろん私は主に事実のみを伝え、「クルド人・外国人を排撃しろ」などの主張はしていない。それどころか、日本人による過剰な外国人排撃運動を批判し、「日本人による差別行為は許されない」と主張した。

そして埼玉県民や、地元政治家の努力により、状況は少し動き始めた。私の行動はこの動きの小さな一部に過ぎず、主役は彼らだ。産経新聞によると、埼玉県川口市の奥ノ木信夫市長が1日、法務省を訪れ、不法行為を行う外国人について厳格に強制送還することなどを求める要望書を斎藤健法相に手渡したことが分かった。

報道によると、要望書では、クルド人の現状などを説明。難民認定申請中で、入管施設への収容を一時的に解かれた「仮放免」のクルド人が市内に相当数いるとして、行政サービスの提供を国の責任で判断することも求めた。

同市議会は6月、一部のクルド人を念頭に、国や県などに「一部外国人による犯罪の取り締まり強化を求める意見書」を可決し、警察官の増員や犯罪取り締まりの強化を求めている。このまま問題解決による変化を期待したい。

絶対に謝らないクルド人−日本人との共生は無理

この脅迫では、彼らは日本語が読めない、また話せないために、私の話を誤解していた。誤解で殺されたらたまったものではない。また情報をやり取りするために、クルド人の会社経営者(名義は妻)1人だけに携帯の番号を交換した。この人物は、後に私の報道を批判し、この携帯の番号を脅迫者に漏らした。クルド人を信じた私が愚かだった。裏切られたわけだ。この人物も、警察の監視の対象になっている。

私に対する在日と海外からのクルド人の罵倒は、合計で20件ほどになった。カタコトの日本語で「糞」「バカ」「豚」「犬」という幼稚で下品なな言葉を垂れ流す文章だ。イスラムでは、豚と犬は一番汚い罵り言葉らしい。彼らはトルコ語、クルド語でも送ってくるが、誤字だらけなのか翻訳ソフトにかけても翻訳できない。教育の水準がわかる。在日クルド人の大半は小学校以上の教育を受けているか、怪しいとされる。

さらに、これまで在日クルド人に、対面、もしくはSNSやメールで15人ほど、海外在住のクルド人と10人ほど、やり取りした。約25人の全員に「日本でのクルド人の迷惑、違法行為をどう思うか」と聞いた。「クルド人は態度を改めなければいけない」と返事をした人は1人のみ。残りからは一つも反省の言葉もなかった。「日本人もやっている」「小さなこと」「私はやってない」「なぜ他の外国人も悪いことをしているのにクルド人だけを批判されるのか」「我々は差別されてきたことを考えろ」「悪いことをするのはトルコ人だ」という返事で、責任を転嫁し、話をずらした。そのまともな返事をした1人は上記の経営者だが、その人物は私を騙した。

これが在日クルド人の姿だ。このような人々が自発的に日本人への迷惑行為を変える可能性はないだろう。私は5月の段階の報道ではクルド人との「共生」を唱えていた。しかし今では、在日クルド人のが「良き日本人」になることは無理と思っている。絶対に、日本に馴染まない人がいるのだ。まともな人はいるのかもしれないが、私は出会っていないし、他人を脅迫する人が一定数混じる集団は日本にいる必要はない。

日本政府は粛々と法律を適用し、違法滞在者、「難民」と嘘をつく人を、トルコに強制送還してほしい。そうしないと、彼らと暮らす日本人、埼玉県民、川口・蕨市民は永遠に苦しみ続ける。在日クルド人の一部には、おかしな人がいることを、日本人、日本在住の外国人は知り、警戒していただきたい。

石井孝明
経済記者 with ENERGY運営
ツイッター:@ishiitakaaki
メール:ishii.takaaki1@gmail.com

23 件のコメント

  1. 新田 史 より:

    脅迫に負けない姿勢、尊敬致します。

    私は長野県に住んでおりますが、近頃中東の方をよく見かけるようになってきました。日本の法律を守り、モラルある生活をされるのであれば問題はなく、むしろ人口減少している地域からすれば歓迎すべきことなのです。
    ただ、石井様の記事で取り上げられている犯罪行為をしているのであれば論外です。日本国民の害になり、真面目に暮らされている在日の方が非難されるのは許せません。
    今後、国が犯罪を決して許さない姿勢を出すことが重要です。人権派のメディアが色々騒ぐでしょうが、報道に惑わされることなく日本のための決断をしてほしいと願います。

    • 石井孝明 石井孝明 より:

      ありがとうございます。暖かいお言葉感謝申し上げます

  2. 勉強中 より:

    いつもXにて拝見,勉強させていただいております。日本人に有用な情報発信と行動に感謝します。心ばかりで申し訳ないですが。応援しております。

  3. えけ より:

    石井さん、本当にありがとうございます。
    少ないですがカンパしました。これからも応援させてください。

  4. シナモン より:

    私もXにて拝見しております。
    勇気ある活動に感謝いたします。
    まずは周囲の人たちに広めようと思います。
    少額ですが、お役に立てれば幸いです。

  5. なおき より:

    非常に大変でしょうが頑張ってください。
    これくらいしかできませんがいつも応援しております。先ほどささやかながら支援金を送付いたしました。
    日本国・日本人のために今後ともよろしくお願い申し上げます。、

  6. 川口住民 より:

    はじめまして。東川口駅近辺も酷いです。そして怖いです。

  7. より:

    はじめまして。
    Xにて 色々 拝見し 又 傍若無人に 他国にての振るまいに 唖然としました

    さぞかし 近隣の方達は 怖い思いをなさっていることでしょう。

    少しばかりの支援金で 申し訳ないです。

    これからも 応援致します 頑張って下さい。

  8. 魔物 より:

    石井さん、いつもありがとうございます。私は川口に住んでいるので他人事ではないのですが、何をしたらいいかわかりません。せいぜい何かあった時に通報する程度。石井さんが活動してくださることで、大きなウェーブになると思っています。少ないですが活動費のカンパをいたしました。これからも私は出来ることをします。力になってください。

  9. ゐぬ友 より:

    いつもXで拝読しています
    仮に「まともなクルド人」がおられても
    この状況に対し正しい声を上げることは
    自身が危なくなるから
    不可能だと思われます
    ということは
    対話自体が不可能だということですね
    犯罪認定された人物は
    片っ端から強制送還するしか
    方法はないのでは?
    石井様
    くれぐれもお気を付けて!

  10. enjoy より:

    さいたま市在住ですが、川口市、蕨市にはほぼ行かなくなってます。
    蕨市在住の知人は、数回盗難にあっているそうです。
    ずいぶん街の雰囲気が変わってしまいました。
    解体業者のような件は、埼玉でもよく見かけます。朝から夜まで大きな音や振動が続き、重機が道をふさぐようなことがあります。作業している人たちを見るとほぼ外国人です。
    周辺住民への配慮よりも作業優先なのでしょうが、かなり不快で、危険も感じました。
    これからも報道よろしくお願いいたします。

  11. たまごごはん より:

    少しですが支援させて頂きました、
    どうか身の安全を第一に

  12. ローリング より:

    川口市での活動に感謝し寄付申し上げます。
    金持ちではないので1000円ですが
    今後もよろしくお願いします。

  13. おじさん より:

    住民との間のトラブル、迷惑行為、違法行為、がどの様なことなのか、書ける範囲で少しでも記述して貰えると有り難いです。記事を拝見しただけでは、彼らが一体どんな違法行為をしているのか全く分かりません。

  14. けいどん より:

    市長をはじめ行政の事なかれ主義には本当に腹立たしい思いをしておりました。ペンの力で重い腰を上げさせたこと、感謝しております。私もクルドカーに轢かれそうになったことがあります。でもきっと警察なんて何もしてくれないのだろうと今も思ってます。

  15. クルド人嫌いヒロ より:

    日本の法律やルールを守らない、クルド人は、日本に1人も要らないと、考えます。非道な行動の報道ご苦労さまです。
    これからも、期待しております。
    ただ、身辺に十分気をつけて、取材報道、お願いします。

  16. スノーマン より:

    石井様
    令和電子瓦版で以前からお名前は存じ上げておりました。
    最近Xのおすすめに石井様の投稿が出るようになり、改めて色々読ませていただいています。
    川口には親戚がおり、昔からよく足を運んでいる場所なので、こんなことになって本当に憤っています。
    ペンは剣より強し、を体現してくださっている石井様には頭が下がります。
    どうぞお身体と安全に気をつけて、頑張ってください。

  17. 黒田 より:

    石井さん いつもありがとうございます。
    小さいですが寄付いたしました。

    クルド人のことを考える時、同じ埼玉の熊谷で2015年に起きたペルー人による男女6人殺害事件のことを思い出します。
    大きな事故や残酷な事件が起きてからでは遅いので、行政にはできる限り早いうちに手を打ってもらいたいです。

  18. 移民反対 より:

    些少ですが投げ銭させていただきました。外国人に空き巣に入られたことがあって本当に怖くて、悔しかった。タイミング次第では殺されていたかも。石井先生の活動が実を結びますように。

  19. 来月から(元)川口市民 より:

    結婚に伴い来月、生まれ育った川口を出る者です。
    このような状態になってしまった川口に両親を残していくことに不安を感じます。
    石井さんの取材活動を通して少しでも多くの人が問題から目を背けずに向き合って欲しいと思います。
    少ないですが支援させていただきました。これからの取材活動も応援しております。

  20. どらぞう より:

    僅かばかりで恐縮ですが。
    同じ関東圏に居住する者として看過できません。真実を伝えてくださり有難うございます。
    お体ご自愛くださいね。

  21. ブリ より:

    何時もXで生の情報を発信して下さりありがとうございます。石井さんこそ真のジャーナリズムを持った記者である事は間違いないです。
    引き続きご自身の事を第一優先にして発信していって下さい。

コメントを残す

YouTube

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事