中学生がトラック運転?児童労働?クルド人の違法行為

石井孝明
ジャーナリスト

在日クルド人について、私は一部の人々による迷惑行為を報道している。そこで、彼らが自らSNS、特にサイトTikTokに掲載した映像を紹介する。無免許の子供と思われる運転、工事現場の異常な管理体制など、「ここは日本か」と絶句する映像を次々にさらしている。彼らの異様行為を批判すると共に、その危険行為に巻き込まれない埼玉県民に注意を喚起したい。そして警察をはじめとする行政機関には、違法行為の摘発をお願いしたい。

在日クルド人は、約4000人が埼玉県南部に集住する。トルコ国籍で、正規ルートでない「裏口移民」とされる。クルド人と総称して論評することはしたくない。いい人、善良な人もいるだろう。しかし、ここまで異様な行為、違法・迷惑行為を見ると、その良質な人を選抜するよりも、まとめてクルド人を母国トルコに送り返すことも、日本の採用すべき選択肢であると思う。

「クルドカー」の実態、子供による運転

まず違法運転について紹介する。埼玉南部では「クルドカー」という言葉が誕生している。クルド人の運転する危険な車という意味だ。

以下の映像は20秒ほどのものだ。クルド人らしい2人乗りの少年が乗用車を運転し、後半は少年がトラックを運転している。私にはこの少年は中学生に見える。乗用車を運転している場所は川口市西部の市街地の住宅街、そしてトラックを運転している住所は川口市内の外環道のようだ。この映像は同じものを2本出したが、合計でXで1300万ビューの閲覧があり、関係筋によると埼玉県警への通報がかなりの数あったという。

日本の運転免許取得は18歳、そしてトラックの運転免許は普通運転免許取得の1年以上になっている。ちなみに在日クルド人社会の人によると、最終確認はできなかったが、2人は15歳以下と推定される少年という。

Xのポスト1

(写真1)同映像キャプチャー。トラックを川口市内で運転する10代半ばと推定されるクルド人らしい少年。人権保護のため顔は加工した。
(写真2)同映像キャプチャー。乗用車をを川口市内で運転する10代半ばと推定されるクルド人らしい少年。TikTokアカウントはそのままとするが、すでに全削除された。

これは10代前半のクルド人らしいと思われる子供が日本で撮影していると見られるTikTokの映像だ。音声、紹介は入っていない。日本の農村と思われるところで、車を運転する映像を流している。私有地なら許容されないこともないが、このような幼いころから車を練習しているのだろう。TikTokアカウントは公開しない。

(写真3)運転を練習しているらしい10代前半のクルド人らしい少年の画像。顔は自分で加工しているのでそのままにした。

これは読者からの提供だ。「クルドカー」の行動として、あちこちに違法な路駐をし、スマホを運転中もいじり続けている。このクルド人らしい中東系の男性は交差点の隣に一時停止していた。これは違法行為だ。そして「難民」なのに、乗るのは高級車で派手な塗装だ。ただし、スマホを使うために、一時停止するのは、荒い運転で知られるクルド人の中ではまだ良心的かもしれない。

Xのポスト2

(写真4)交差点の隣で一時停止し交通ルールを破るクルドらしい人の運転する車

児童労働が21世紀の日本で行われている

在日クルド人の子供たちは高い確率で学校をドロップアウトする。日本語がわからないためだ。男の子は親族の解体業で働き、女の子は家に縛り付けられる。その結果、日本語もトルコ語もクルド語も、高度な語彙能力を持てず、読み書きができない。簡単な算数ができない。教養がない。そして社会常識を身につけない。在日クルド人の子供たちの人権が侵害されている。私はこのように主張してきた。

それを裏付ける写真をTikTokに、クルド人らしい人々が自らの手で公開していた。以下の写真3枚は小学校高学年、もしくは中学生ぐらいの子供4人が、工事現場で働いている。21世紀の日本で児童労働が行われている。いずれもTikTokアカウントは、ここで公開しない。ちなみに、日本の法務省は、違法滞在でも、日本生まれの子供達に、修学ビザを出す異常な政策を初めようとしている。

(写真5)クルド人の小学生らしい子供が、コンクリートを撹拌している。人権保護のため顔は加工した。
(写真6)クルド人の小学生らしい子供が、コンクリートを運搬している。人権保護のため顔は加工した。
(写真7)クルド人の中学生らしい2人の子供が、解体現場に出ている。人権保護のために顔は加工した。

解体現場の安全性を無視した作業

在日クルド人の仕事の中心は解体業である。そこでのおかしな作業の写真も彼らは公開している。私は建築業の知識はないが、素人が見ても安全性を考えない、雑な作業の映像をしていた。いずれの画像も、TikTokに掲載している。

(写真8のクルド人の映像と写真は、本人から要請があって削除した)

Xのポスト4

これはクルド人らしい解体業者によるユンボ(ショベルカー)の危険な運用だ。無理に階段を登らせている。この運転者は前述のトラックを運転していた少年と思われる。自分の運転技術を誇っているようだ。しかし転落の可能性が十分にある。周囲の地形は不明だが、クレーンを借りて、運べば解決する問題であろう。

(写真9)無理に狭い階段をユンボに登らせるクルド人らしい解体業者の工事現場。運転者は少年の可能性がある。危険な運用だ。

Xのポスト5

これもクルド人らしい解体業者によるユンボの危険な運用だ。無理にトラックに乗せようとしている。これも転落の危険がある。これも、クレーンを借りて運べば解決する問題であろう。

(写真10)無理にトラックにユンボを乗せようとするクルド人らしい解体業者の工事現場。危険な運用だ。

Xのポスト6

これはクルド人らしい解体業者が、作業現場で重機のアームの先に人を乗せ、過積載と思われるトラックの荷の上から、人を下ろしている映像だ。これは人が転落する可能性がある。映像では叫び声、話し声がしたので、トルコ人に翻訳を頼んだところ「トルコ語ではないので翻訳できない。おそらくクルド語だ」という。

(写真11)重機の爪に人を乗せて人を運ぶ危険なことをするクルド人らしい解体業者。

Xのポスト7

これはクルド人らしい解体業者が、過重な廃材を車に乗せている投稿だ。タイヤが軋んでいる。トルコ人によるとトルコ語で「死ぬとわかっていても死からは逃れられない」という意味の文章が書いてあるようで、自分たちも危険を認識しているようだ。自分が死ぬのは勝手だが、映像に映っている通り、隣は公園で公道を走っている。これが横転すれば、周囲の人や車が事故に巻き込まれる可能性がある。

(写真12)過積載のクルド人らしい解体業者のトラック。

日本人をばかにし、遵法精神に欠けたクルド人たち

以上の異様な投稿から分かることは何か。

第1に、クルド人たちは、日本の法律を守る、地域社会の安全を守る意識のない、おかしな集団であることだ。一部にまともな人がいても、一定数でおかしい人がいる以上、私たち日本人は一緒に住みたくはない。それどころか、一緒に生活をすると、彼らによる危険行為に巻き込まれてしまう。

第2に、犯罪行為を自ら告知するということは、日本の警察、行政、日本人を完全にばかにしているということだ。ここまで違法行為を堂々と告知するということは、日本で勝手なことをしても大丈夫と思っているのだろう。遵法精神がないために、これはもっと悪質な違法行為に容易に発展する。

第3に、彼らの人権意識の乏しさだ。児童労働を平気で行い、子供の教育を放置し、自ら危険行為を平気で行う。彼らの違法行為を糾すことは、彼らの人権行為の救済にもつながる。しかし、自らその自分たちのコミュニティでの人権侵害を放置しているならば、それは日本社会の意識と全く違う。日本人と馴染まないので、去ってもらうしかない。また自分たちの違法行為の問題を大半の人がわかっていないらしい。全員がそうとは言わないが、あまりにも程度が低い。そしてこのような違法労働で、安く同胞をこき使い、日本人に迷惑をかけているのに、豊かな生活をしているクルド人のボス家族がいくつかある。このような不正行為、思いやりのなさに私は不快感を覚える。

第4に、これを放置している埼玉警察・行政のダメさだ。彼らが違法行為を放置したから、ここまでクルド人が増長したのだろう。

第5に、彼らの存在を助ける日本人のおかしさだ。彼らの解体業が、今、回っているということは、彼らに発注する建設業者がいるということだ。ところがクルド人の運営する解体の現場は、児童労働があり、異様で危険だ。クルド人が現場で死んだり、日本人を巻き込んだら、事故物件として資産価値は急落するだろう。実は、最終的には、こうした解体後の土地は、大手の上場住宅メーカーの販売に転換する。

もちろん、全てのクルド系企業が悪いとは言わないが、ここで示したような行為をする事業者もたくさんいる。日本企業は安さゆえに、クルド系解体業者・産廃業者に発注しているのだろう。しかし、その行為がもしかしたら、違法行為、一部クルド人による日本の破壊行為につながっている可能性がある。クルド人を利用している企業は、世論と社会を意識するべきだ。もしそうでなければ、クルド人の行為への批判が広がる中で大きな罰を受ける状況になっている。

また合計で10件ほど、以上の投稿に対して「差別だ」「クルド人の人権侵害だ」と批判が来た。日本人によるものだ。一連のXでの映像の閲覧は、総計で軽く1700万ビューを超えている。現実の異常な状況の前に、あまりにも少なく、人権屋の擁護の声は小さくなっている。しかし、まだおかしな人がいる。

人権が大切なら、クルド人によるクルド人への児童労働、危険な就労などの違法行為、さらにはクルド人による日本人の安全な生活を乱す人権侵害行為、日本社会の破壊行為をなぜ問題にしないのだろうか。不思議な人たちだ。

私たちのできること-甘い政策の転換を国に呼びかける

そして一連のXでの投稿への1700万ビュー以上の閲覧は、人々のクルド人の違法行為、外国人への違法行為への関心の高まり、そして彼らと何もしない日本の警察、行政への怒りを示すものだろう。県警、行政、国にこれまでの違法外国人を甘やかした政策の転換を求めていきたい。

なお、以上はTikTokの画像を主に集めた。私はメディアに中国の批判記事を書いた。そのために中国資本のこのサービスを、情報漏洩を先週まで、警戒して使っていなかった。そこでここでの情報収集が遅れた。またその収集は、川口の市民グループが協力した。

なお、画像に写ったクルド人からは、状況によっては、映像削除の申し出があれば検討する。子供達の将来に悪影響を与えたくないためだ。しかし、日本の著作権法では41条で以下の例外を規定する。この原稿は報道であり、公益のために行なっている。以下に該当すると認識している。

著作権法第四十一条(時事の事件の報道のための利用)
写真、映画、放送その他の方法によつて時事の事件を報道する場合には、当該事件を構成し、又は当該事件の過程において見られ、若しくは聞かれる著作物は、報道の目的上正当な範囲内において、複製し、及び当該事件の報道に伴つて利用することができる。

石井孝明
経済記者 with ENERGY運営
ツイッター:@ishiitakaaki
メール:ishii.takaaki1@gmail.com

1 件のコメント

  1. マミ助 より:

    こんな酷い有様を何故 国は目を瞑るのか?
    移民ゴリ押し政権の自民党議員は この辺りに引っ越して1週間でも良いので 住んで体感してみれば良い。

    移民なら誰でも良いのか?
    こんなクルド人達に永住権を与えて 日本人と共生しろと?
    まず 自分達が一緒に住んでみろ!と言いたい。

コメントを残す

YouTube

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事