記者石井孝明を脅迫したクルド人の強制送還を入管に要請

石井孝明
ジャーナリスト
(写真1)クルド人が、私への脅迫事件を起こした川口警察署(埼玉県川口市)

脅迫クルド人を強制送還させる

私はクルド人に昨年9月に脅迫された。そのクルド人は逮捕されたものの、昨年10月に不起訴になり、日本に居残っているらしいことは、これまで伝えてきた。多忙で遅れてしまったが、このほどそのクルド人の行状について、東京入国管理局、違反審査部門に上申書を送って知らせ、強制送還を求めた。

不法滞在の外国人による犯罪に多くの人が苦しむ。また不起訴が続き、被害者、そして多くの日本人を不安にさせている。私は自分のできる範囲で、彼らと戦うことにした。この結果がどうなるかは不明だが、これを報告する。

皆さんも被害にあった場合には、真似をしてほしい。行政に不満がある場合には、文書を出させ、次に法律を使って、自分の希望の点に着地させるのだ。外国人に甘い日本の入管が、私の希望通り強制送還をするかは不明だが、私は戦おうと思う。また民事での裁判も検討している。

この犯罪者の地位である「仮放免者」とは、強制送還前の外国人が、一時的に施設外にいるという、曖昧な法的立場にある。在日クルド人は数千人、この立場の人間がいるとされる。早期に強制送還されず、犯罪を日本で行うのは、とても異様な状況だ。法務大臣、それに権限を与えられた出入国在留管理庁は出入国及び管理法で、外国人を本国に強制送還できる。しかし、なかなかその権限が行使されない。これはおかしい。

イスラムの聖典クルアーンには、以下の文があると言う。

「正義を貫くのだ。それこそはより敬神の念に近いのである」(クルアーン5章8節)

また預言者ムハンマドは、次のように述べているという

「神を畏れ、あなた方の子供に公正であれ」

人を脅迫するような人間は、外国人であろうとなかろうと、どの宗教であろうと、処罰され、正義が行使されるべきだ。

上申書の抜粋

東京出入国在留管理局 違反審査部門 ご担当者殿

仮放免者の処分、強制送還を求める上申書

◆上申書作成・提出者
石井孝明 (住所など省略)

◆情報を提供する仮放免者、私を殺害脅迫した人物
MT(名前の一部)
住所:川口市在住のトルコ国籍クルド人の仮放免者男性、私は住所把握せず。

◆この上申書の趣旨
私は上記住所に住む石井孝明と申します。フリーランスのジャーナリストをしています。上記の仮放免者に殺害脅迫をされました。私への殺人の脅迫者が合法滞在もしていない日本で自由に活動しているという事実に、私は恐怖を抱いています。私の命と安全を守っていただきたいと考えます。また、このような行動をする反社会的な不法滞在者を放置することは、社会防衛上、許されないと思います。そこでこの文書で入国管理局に事実を伝え、同局がこの人物の仮放免の処分を取り消し、トルコへ早期に強制送還することを求めます。

◆告発の内容
・私への脅迫事件について
上記クルド人男性は埼玉県警川口署を令和5年(2023年)9月26日午後に訪れ、応対した署員に対して「石井孝明がクルド人の悪口を言っている」「警察は石井の発言をやめさせろ。さもなければ石井を殺す。2週間後に死体をここに持って来る」などと興奮状態で話し、私と川口署の双方を脅迫しました。この男を同日に川口署は現行犯で逮捕しました。この男が上記MTです。30歳代の川口市内在住の解体工です。私は翌日、脅迫したとして、上記人物の行為に対して、川口警察署に脅迫の容疑で、被害届を出しました。

私はこの男に面識はありません。川口署は、この犯人MTはトルコ国籍のクルド人で、難民認定申請中で、「仮放免」の状態だったと説明しました。そして、名前を知りました。ところが、埼玉県警は2日でこの容疑者を釈放しました。

さらに、さいたま地検は令和5年(2023年)10月24日付で、この犯罪を不起訴処分としています。さいたま地検は、この情報を東京入国管理局の方に伝えているとしていますが、本当に届けたかは確認できないために、私がこの文書を再確認のために提出します。

事件の顛末は以下の私のネットメディアの記事に記載しております。
「記者「殺す」と脅迫のクルド人、さいたま地検が不起訴に-「被害者」として思う」

・当該外国人の異様な動機について
次に脅迫事件の背景を説明します。埼玉県南部に集住するトルコ国籍のクルド人の一部と住民とのトラブルについて、私はジャーナリストとして、昨年の令和5年(2023年)5月から、無償、ボランティアで報道してきました。クルド人への人種差別はいけないと強調した上で、クルド人の迷惑行為、違法行為を伝えてきました。上記事件をめぐり、私は令和6年12月に検事と面会し、不起訴の理由の説明を受けました。納得はできないものでしたが、ここでは省略いたします。

検事との面談によると、MTが私を脅迫した理由は、以下のようなものでした。

上記MTは、日本人を威嚇した問題行為をした子供たちの集合写真を私が報道したところ、自分の親族の写真が写ったとして、私に脅迫を行いました。

その子供たちの写真は以下写真になります。この子供たちは令和5年(2023年)9月の日曜日に、埼玉県川口市芝の公園で騒ぎ、写真を撮影した日本人の60代男性を中指立てて侮辱し「ヘンナガイジンガイル」と威嚇して追ってきたため、その高齢者は恐怖で逃げたそうです。その男性の証言は以下の記事にまとめてあります。
・「クルド人問題、苦しむ埼玉県民の「生の声」-女性の恐怖体験(上)

(写真)子供が中指を立てて、日本人を威嚇している

私はこの事件の顛末をこの男性からの連絡で知り、子供たちの顔にぼかしを隠して、同じ写真をSNSのXに公開しました。12月に私はさいたま地検の説明を受けた直後にこのXの投稿を削除しました。元の投稿は手元に保存しませんでしたが、上記記事には同じ内容、同じ写真を掲載しています。

そうした私の配慮した行動に対して、MTは「殺害する」という脅迫をしました。その行動は身勝手で反社会的であります。私、もしくは別の日本人に対しても、気に入らないことがあったら、MTは今後も脅迫によって、物事を解決しようとする可能性があります。この人物は警察で脅迫をしています。そこから考えるに、この人物に日本の法律を守る考えはなく、改善の可能性もないでしょう。

◆入管ご担当者様へのお願い
私は脅迫、殺害予告の被害者であり、大変なストレスを抱えています。ところが検察・警察から状況の詳細な説明がありません。そして、この犯罪者は、今も埼玉県川口市で生活しており、私はこの人物からの襲撃に備えて、身の安全について、自衛するしかない状況です。

そのために、このMTについて入国管理局で、仮放免を取り消し、早急に強制送還をすることを希望します。

またMTは、記者を脅迫するという民主主義、報道の自由を侵害する行動をしています。この人物が日本からいなくなることは、私の安全に加え、日本の報道の自由、民主主義、憲法に基づく法秩序を守ることにつながります。

何卒、ご配慮と、適切な判断を一国民としてお願い申し上げます。

また、可能であるならば、私に対して、この人物への対応の決定の結果を、書面などの形でいただければ幸いです。

以上

12 件のコメント

  1. りょうさん より:

    少しですが応援させていただきました
    蕨市民なので本当にありがたいです

  2. まともに生きてきた日本人 より:

    本当に困った問題ですね!日本の国は日本人のためにあって当然です。今の政治家たちは、なぜ、ここまで不甲斐ないのでしょうか。なんとかしたい、すぐになんとかしなければ、手遅れになるかもしれません。私にできることがあれば、なんでもします。

  3. ルイ より:

    金銭的サポートは今無職ですので難しいが現状のシェアの手伝いはさせていただきます。不法滞在者が一概に全て悪いとは言わないが、せめて周りの日本人に迷惑を掛けない生活は最低限のマナーダロウ⁉️それが出来ない奴は既存は無いな‼️強制退去しか残る道は無い。それがこれまでの彼らの行いへの結果だ‼️自業自得だよ‼️

    • 石井孝明 石井孝明 より:

      ありがとうございます。お気持ちとできることで感謝します

  4. クルド人こわい より:

    石井さん感謝してます。
    クルド人に囲まれてめちゃくちゃ怖い思いしたことあります。それもありもう川口から引っ越しました。
    自分の国の自分の育った街でなぜ窮屈な思いやビビりながら生活しなきゃいけないのかなぜ地元を捨てなきゃいけないのか悔しい悔しい
    誰に言えば対応してくれるのか本当にここは日本なのかと思っていました。
    本当に悔しい
    応援や支援させてもらいます。
    どうか川口に光を

  5. ゆう より:

    外国人でも日本語が正確に理解できない方、日本国の法律を遵守する気のない方は当然として移民として受け入れるべきではありません。
    この当然のことがいま正に覆されようとしていることは日本の危機だと感じております。
    いつもXを拝見しており応援しており、微力ながら支援いたしました。
    これからのご活動を応援させてください。

  6. 元川口市民 より:

    みんな怒っているけど声のあげ方が分からないんだと思う。私も外国人に適応するすべての法律の見直しを総理官邸にメールしました。コレからも各方面に訴え続けます。今や真実を伝えてくださるのはジャーナリストや記者の方しかいない。応援しています。

  7. メリー より:

    Change.org というオンライン署名活動もされてはいかがでしょうか。署名を大臣、署長、市長、議員など関係各所に出すと民意のほどが伝わるかと。
    https://www.change.org/

  8. べべまま より:

    参政党一般党員の主婦です
    石井さんの活動に感謝しております
    少ないのですが寄付させて頂きました
    また近いうちに寄付します!
    どうかお身体に気をつけて…
    よろしくお願い致しますm(_ _)m

  9. shin より:

    埼玉県のクルド人問題は大手メディアが産経の他は報道しない以上、石井さんがSNSで記している事が貴重な情報源です。どうか脅迫に屈する事なくジャーナリストの本文を貫いて下さい。

コメントを残す

YouTube

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

最近のコメント

過去の記事