記者石井孝明は外国のスパイ?ー和田参院議員登場の珍騒動(追加あり)

石井孝明
ジャーナリスト

在日クルド人の妄想「石井はトルコのスパイ」

(写真1)私、石井孝明はスパイらしい(笑)、写真は英国諜報部007(ショーン・コネリー)(ワーナー宣伝サイトより)

私は埼玉県南部に集住する在日クルド人による迷惑、違法行為をこの数ヶ月取材・報道した。そのために生じた中傷で「石井はトルコのスパイ」との笑える話があったので紹介しよう。しかし、参議院議員の和田政宗氏が、それに同調するかのような異様な発言をしている。事態は「笑えない笑い話」になっている。

クルド人、トルコ人は陰謀論が大好きだ。ドラマ・映画はスパイとかギャングものばかりだ。在日クルド人は取材すると私に「お前はどこから金をもらっているのか」と必ず聞く。そして日本人記者があるクルド人団体を取材したとき「石井はトルコのスパイだ」と幹部が発言しているという。

言うまでもないが、私は外国政府のスパイではない。私はこれを流布する人物に、誤った事実の摘示と中傷で名誉毀損の民事・刑事の法的措置を取れるだろう。

私は、埼玉県民の生活の安寧を目的に、この問題を掘り起こして社会に伝えた。金銭目的でも、売名目的でもない。日本国民のために報道しているのに、外国の指示など受けるわけがない。クルド人は、日本人が無償で、社会のために立ち上がる行為を理解できないようだ。国がなく、社会を守る、民族を守るという発想を、気の毒ながら考える機会がないのだろう。日本人を理解できない異質な人たちで、うんざりする。

和田議員の私への奇妙な攻撃

ただ笑い話では済まない。それに踊らされているらしい変な日本の政治家がいる。

自民党参議院議員の和田政宗氏(比例区)だ。彼はクルド人問題で、イスラム研究者の飯山陽氏を罵ったり、クルド人対策を求める一般市民をブロック、さらには批判するなど、異様な行動を続けている。彼は日本クルド友好議員連盟の事務局長と言う立場らしい。

彼は突然、10月16日、Xで次のような投稿をした。

「事態収集に動く人たちに対し、混乱を助長させようとする人物がおり、ある国と繋がっているとの話が聞こえてくる。警察も把握しているとみられる。」

(写真2)

在日クルド人問題で、外国と繋がっているとデマを流されている人間は私しかいない。「私のことか」と聞くとすると、次の返事が返ってきた。

「何か心当たりはあるのか」

「寄付を募っているが、どれくらい寄付は集まったのか。」

「一般論だが、日本の公安警察は優秀であり、外国と通じたり混乱を助長しようとする人物がいれば、調査ししっかりと把握する。」

(写真3)

和田氏の文章を素直に受け止めれば、私が金目当てで在日クルド人問題に取り組み、日本の公安警察が私を外国との関係があると認定したかのように受け止められる発言だ。また私は、この問題の解決のために動いているので、他団体を攻撃したことはない。今回のこの和田氏への批判の文章が最初だ。

私は、トルコの政府関係者と接触したことはない。このクルド人問題で、在日トルコ人と5−6人、対面、メールでやり取りしただけだ。そのために日本の警察の公安担当者が、私をスパイ呼ばわりするわけがない。そうだとすると、和田氏は、前述のクルド人の流す情報に踊っている可能性が高い。彼はクルド人ととても親しそうだ。

さらに、国会議員が一般人である私を中傷、侮蔑するような発言には呆れる。クルド人問題にボランティアで取り組み、クルド人に殺害脅迫まで受けた私石井孝明に、政治家から投げかけられる言葉は慰労や感謝ではなく「金目的か」「スパイか」と言う趣旨の罵倒だ。私は悲しい。そして呆れる。そもそも彼は、埼玉を本格的に調査した形跡はない。疑問を示す川口市民にXで情報交流を遮断する「ブロック」を繰り返している。

和田氏には私に対して、自分の投稿についての説明責任があるはずだ。

クルド人と協力関係にある和田氏

なぜ私が和田氏に攻撃されるのか。理由は不明だが、以下の3つの事実を指摘したためと思われる。他にも隠れた事情はあるようだが、その推測はここでは書かないことにしよう。

和田氏はクルド人問題に向き合うと言ったので、私は以下の公開情報から事実を発掘しても、積極的に拡散しなかった。しかし、多くの人がこれを広げてしまった。またクルド人の違法行為の追及で私は目立っている。

第一に、和田氏は「自分はクルド人問題を一生懸命取り組んできた」「警察を動かした」と言う趣旨の発言を繰り返し、「結果を出す」と述べていた。ところがその口舌と違って、状況の改善が遅々たるものであることを、私はやんわりとX上で批判した。

いくつかの発言のうち、その一つをここに示そう。今年8月18日のものだ。

(写真4)

今、川口市、埼玉県南部で埼玉県警が動いているのは彼が実現させたわけではない。6月の川口市議会の取り締まり強化決議案と、自民党の川口市議団、奥富精一市議などの努力、埼玉県民が声を上げたことによるものだ。彼が「自分がやった」と騒ぐのは、滑稽で異様で事実に反する。

第二は、和田氏とクルド人組織の異様なつながり、彼の反トルコの動きだ。

在日クルド人の大半は出稼ぎで日本に来ている。ところがトルコに政治迫害されたと嘘をついて難民申請している。その期間は強制送還されない。彼らは制度の隙を突く、悪いことをして日本に居残っている。トルコ政府は、クルド人を差別していない。ただしクルド系テロ組織のPKKの鎮圧作戦を行っている。

以下はある在日クルド人団体の関係者が昨年8月にフェイスブック(FB)に掲載した投稿と、その翻訳だ。この文章は削除されている。TRはトルコの意味であると思われる。22年に、トルコ国籍のクルド人が司法判断で、1人だけ難民申請を認められたことを示しているのだろう。

(写真5)

私はこの裁判所の判断はおかしいと思うが、それは置いておこう。この在日クルド人団体は、トルコからの分離独立を主張している。そして集会で、テロ組織PKK(クルド労働者党)の旗、関連組織のYPG(シリアのクルド人武装組織:人民防衛隊)の旗を掲げている。この写真の旗に写ったのはPKKの指導者オジャランだ。

(写真6)クルド人がフェイスブックで公開した、さいたま市の公園での新年祭(ネウロズ)。PKK系テロ組織とテロ指導者の写真が掲げられている。顔は隠した

つまりこのFBの投稿によれば、このクルド人難民認定の動きを和田氏は支援し、そしてトルコ政府がクルド人差別をしていることを認めた。そしてテロ組織との関係が疑われる在日クルド人団体と親交を持ち、その分離独立の政治主張の実現を支援した。そのように、クルド人団体の主張に使われている。

これは大変な問題だ。トルコとの外交関係を傷つけ、テロとの戦いを妨害していると受け止められかねない。和田氏はこの問題について説明責任がある。関係がないとするなら、このクルド人団体に訂正を求めなければならないだろう。

第三は、和田氏がクルド人受け入れを促進させようとしていたことだ。

和田氏は昨年8月、Xに次の投稿をした。この団体との写真撮影の直後だ。ウクライナやアフガニスタン難民と同じように、クルド人を「準難民」として国内に入れようとしていた。

(写真7)

昨年時点で、和田氏は埼玉のクルド人問題を知らなかったのか。そして私がこれまで報道したように、クルド人がトルコに迫害されている事実はない。和田氏は間違った事実を元に、おかしな政策を実現させようとしていた。クルド人の受け入れ拡大をしようとしていた。

これらを指摘したら変に憎まれたようだが、私は事実を陳列しただけとの認識しかない。

無駄な雑音を止め、埼玉県民を守れ

以上をまとめると「クルド人が私石井孝明をトルコのスパイと中傷している」「その主張に沿った批判を、参議院議員の和田政宗氏が私に行っている」「和田氏は在日クルド人の主張の代弁をこれまでしてきた。それを私は批判した」と言うことだ。和田氏のクルド人問題をめぐる奇妙な行動の真意は分からないが、当然、これまでの行動への説明責任がある。

和田氏だけではなく、在日クルド人問題は、問題解決に役立たない雑音が、日本の側で多すぎる。問題の目標は「日本国民の人権保護と埼玉県民の生活の安寧」だ。

関係する人は、この目標に向けて進み、無駄なエネルギーを使うこととか、事態悪化のおかしな行為をやめようではないか。

和田さん、クルド人の皆さん、日本人の変な人たち、聞いているだろうか。

追加・事態解決の提案を和田氏が拒否、私を中傷

私は仲介者に、問題の解決を図るため、和田政宗氏に以下のことを伝えてほしい、メールを転送してほしいと26日に述べた。すると和田氏は、私信を歪めて公開(ツイート)。そして、名前は言わないが脅迫をされたので警察に告発したと述べている。

その私のメールの一部を公開する。法的措置を検討するとは述べたが、この丁寧な文章が脅迫として立件されるとは思えない。歳費で税金を使えて金銭的に余裕があり、公権力に近い国会議員が、外国人に近く、一記者に対して攻撃的な行動を続けているのは異常である。

(以下メール抜粋)
(お願い)よろしければ、以下の私の意向を和田氏にお伝えいただけますか。一昨日、和田氏の友人にお願いしましたが、彼は誠実な人なので、内容を丸めてしまうかもしれません。このメールを転送いただいても構いません。

1和田氏に誤解があるなら、多忙であるとは思うが、時間をいただいて説明していい、私は外国との関係など、本当に全くない。
2和田氏の顔を立てることで解決を考える。こちらからはこれまで通り攻撃しないし、また和田氏をめぐる投稿、情報提供を削除してかまわない。
3私は本当に、埼玉県民の安寧のみを考えている。私へのクルド人による殺害脅迫以来感情的になっているが、クルド人との共生を願っている。
4これまでの投稿を見て貰えばわかるように、・・様のグループは日本人とクルド人の仲介役、理解者になると期待しているため、一度たりとて、名前を出して批判したことはない。(和田氏はそのように、Xの投稿で私が批判したと書いている)
あまりにも和田氏の行動が理解に苦しむのでご連絡しました。
このようなご依頼をして、誠に申し訳ありません。
ご検討いただければ幸いです。状況はすこしづつ改善しているので、私はクルド人問題は、警察力行使を観察しながら、現在は様子見をしようと思います。
世論が激昂しすぎて、極右・差別主義者が川口に来ているので、冷静にならせようという運動には関わりたいと思います。・・様のお役に立てる場合は、日本のためになるなら。微力ではありますが、何なりとご一報ください。
(以上、引用終わり)

(メール内容)

石井孝明
経済記者 with ENERGY運営
ツイッター:@ishiitakaaki
メール:ishii.takaaki1@gmail.com

18 件のコメント

  1. mm より:

    つまり例の人は
    「移民問題に真摯に取り組んでいるふり」
    をして
    「積極的にテロ組織メンバーを国内に入れまくってる」
    って事なんですかね

  2. 三浦小太郎 より:

    ある人を「スパイ」と書くことは、「政治的、肉体的抹殺の対象である』ということ。ほんとは名誉棄損というレベルではない。
    中国や北朝鮮からの難民の中には、同じ難民をスパイ呼ばわりしたり、受け入れた国の支援者まで疑う人もいる。本国では国民間に相互監視態勢が敷かれており、「他人はすべて自分を監視している』というある種の洗脳が染みついているからだ。そして、そのような国では他国の難民をボランティアで支援するなどは考えられないから、支援者も何か利益を得てやっているのだろうと思い込む。

  3. 三浦小太郎 より:

    (続き)もしクルド人が同じ感覚を持っているとしたら、支援者や友好議員連盟がまずするべきことは、教育でこの誤った観念を少しでも是正することだ。それは受け入れた国にとって、その国の国語の習得と同じく、クルド人にとっても、また国家や支援者にとっても「義務」なのだ。

  4. 三浦小太郎 より:

    (続き、以上です、長文すみません)
    これまで、難民問題は、「政治的迫害や戦争によって国に住むことができない人たちを国際社会がどう救うか』というものだった。それは全く正しい。しかし今はもう一つの、「難民や偽装難民によって受け入れ国が破壊されるのをどう防ぐか』という問題に直面しているのが世界の現実だ。
    この問題を排外主義に陥らずに解決することはとても難しいが、石井孝明氏の今やっている仕事は、クルドの問題を通じて本当に世界の今の問題に直結することです。いま恥ずかしいことに私は経済的に苦しくて応援できないのだが、できれば読んでいる方々にはご支援をお願いします。

    • 石井孝明 石井孝明 より:

      お言葉だけでありがたいです。感謝申し上げます。しかし、和田議員、どうかしてしまったのかと。理解不能の領域です

  5. 三浦小太郎 より:

    「平沼赳夫、藤井厳喜、頭山興助三名は、本日を以って、一般社団法人日本クルド友好協会及び、日本クルド友好議員連盟を退会する。」10月20日、頭山氏フェースブックから。コメントはしません

    • mm より:

      杉田議員もです。
      本当に日本の為に頑張ってくれています。
      偽アイヌ利権に言及したばかりに、これでもかと攻撃されています。

  6. 害虫駆除 より:

    腹立たしいこととは存じますが、お互いの言動を記録し機会がある度に時系列で公表すれば、多くの人にはどちらが正しいか分かってもらえることでしょう。政治家の多くは信念ではなく利権で動いていますから、社会の底辺で踏ん張っている庶民よりも残念な人も一定数います。可哀想な輩の言動を過度に気にし健康を害さぬようにしてください。

  7. シルバーさん より:

    毎日のように石井さんの投稿拝見しています。全く政治家の皆さんの仕事は何をやることですか?と呆れ、落胆、怒りしか出てきません。
    私たちのやれること、具体的に発信してください。
    宜しくお願い致します
    石井さんの身の安全の確保にも❗

  8. いわちゃん より:

    まずは行政の責任者である岸田首相の責任であると思います。外国人によって治安維持が困難な事象であり、国外退去を整然と実施すべきです。クルド人問題についてはトルコも苦しい問題や存在だと思いますが、トルコが「迫害」「投獄」していなければ難民にも該当しません。これはトルコ大使館に確認する術がないので取材していただけると助かります。あるいは国内にいるPKKのメンバーなども聞けるかな?

  9. ryo より:

    和田議員、先のメールで何かトーンが変わり、
    裏で政治をして潰しにかかろうしている気がします。
    石井さんは定期的にXで発信されており突っ込まれようがないと思いますが、念の為お気をつけください。
    応援しています。
    いつもご尽力いただきありがとうございます。

  10. mamorinho より:

    川口市民としては、石井さんの問題提起や行動は本当にありがたく思っています。

    それに反し、代議士の動きがほぼ見られず、和田議員の様な行動をする議員が居るのには首を傾げずには居られません。

    ひょっとしたら和田さんは功を焦っているのか、石井さんが邪魔なのか。
    本来ならば協力し合って解決に向かって欲しいものですが…

    最後に、石井さんの無事をお祈りしております
    尊い活動が公権力に潰される事がありませぬように…

  11. マキヤ より:

    和田議員のポスト読むと怒りに震えてるのが分かります
    いっとき期待していた議員だけに残念です
    議員さんて理念や利権が先に立ち地元住民の声を聞かないんですね
    石井様には粛々とご活動いただきたいです
    地域のために、日本のために
    そして何よりもご無事で
    また支援させていただきます

  12. まっちゃん より:

    石井さんの活動には頭が下がります。
    本当に川口の現状を心配して行動しているのは誰かは日本語がわかる日本人なら誰でもわかります。
    割り当てられた利権に沿って活動していて、LGBTの反対もそれに基づいたものかと勘ぐりたくなります。

  13. mm より:

    12月からクルド人が準難民にされてしまうそうです。
    あの人はこれが狙いだったんですね…。

  14. oMikan より:

    和田政宗議員を国士と思い、未来の日本を背負って立つ政治家の1人に育ってほしいと願って来ました。
    しかし今回の石井さんに対する反応は異様ですし、この記事で経緯を知ると和田議員に対する疑問が浮かびます。洗脳されてしまったのでしょうか。
    片方に肩入れ、感情的にに見える対応にはガッカリさせられます。
    今後も中立に、事態を見守りたいと思います。
    日本の為に、地域のために尽力くださる石井さんの行動に感謝いたします

  15. みみぱん より:

    チャンネル桜のクルド人問題を扱った討論を3回拝見しました。
    出演していたクルド人の外語大講師という人物が、大変印象が悪かったです。
    日本人との問題を解決するために、なぜ朝鮮学校へ話を聞きに行く必要があるのでしょう?
    「日本と仲の悪い北朝鮮の話を参考にした」と彼が言っていましたね。
    それはつまり、日本人の敵に話を聞き、日本人を攻略するやり方を学ぼうという意図があるということではないですか?
    彼は、日本にもっと沢山のクルド人が増えるよう働いているように思えました。

    石井さんが、身の危険を感じながらも、川口と日本の為に働いて下さっていることに深く感謝いたします。

  16. いわちゃん より:

    和田政宗=クルド人から情報を受けている。
    石井孝明=日本人とクルド人に取材している。

    クルド人やトルコ人の移民を引き受けたEU国家が混乱していることを意図的に隠している可能性があるのは和田政宗議員。なんで混乱することが目に見えているトルコ人・クルド人を準難民などという訳のわからない、法律でもない認識で日本が引き受けなければならないのか。そんな義務はない。

コメントを残す

YouTube

ランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事